春の滋賀、京都旅 2016年07月03日 旅行 トラックバック:0コメント:0

今更ですが、春の旅レポ
桜の季節に滋賀、京都へと赴きました
20160411_028_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
生憎の曇天も琵琶湖の湖岸道路沿いは桜吹雪が綺麗

20160411_047_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
近江八幡の八幡掘
豊臣秀次の築いた城下町は八幡掘で琵琶湖と水運を結び発展
楽市楽座のもとで近江商人を生み出すきっかけとなった、とのこと
時代劇のロケ地として有名
桜吹雪の時期だけに気分はやはり「暴れん坊将軍」か
 
20160411_062_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
京都、南禅院奥の水路閣
琵琶湖の水を京都市内へと引く「疏水」を上に通すアーチ橋
古びた煉瓦の美しさに惹かれ京都へ来る度ここを訪れてしまう

20160411_108_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
銀閣寺庭園を上がったところからの眺め
立体感のある庭園は絶景の宝庫

20160411_114_R.jpg
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
ご存知 平安神宮
春の平安神宮といえばしだれ桜で有名

20160411_119_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
満開をちょっと過ぎていたかな
でも見応えたっぷりでした

20160411_167_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
宇治の平等院を再訪
いつかのリベンジと目論みたいところだったが今回も閉門ギリギリのタイミング
ミュージアムを駆け足で回った後に10円玉アングルを狙うも日没間近&逆光でジエンド
教訓:ここを写真を撮るなら午前中

20160411_276_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
翌日、友人の情報を得て御室桜が満開を迎えた仁和寺へ

20160411_226_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
御室桜は背丈2m程にしかならないため目線の高さで桜の花を楽しめる
遅咲き桜ということで満開の状態を見ることが出来ました

20160411_314_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
鴨川

20160411_332_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
夕刻の法観寺

20160411_344_R.jpg Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-55mm f/3.5-5.6G VR
日没の二年坂
このあと、いざライトアップの清水寺へ!と息巻くも悲報が目に飛び込む
ライトアップ期間終了
疲れた脚を引きずりながら、すごすごと帰路につきました
でも楽しかったよ、サンキュー滋賀・京都



スポンサーサイト

青森 芦野公園駅の桜 2015年05月03日 旅行 トラックバック:0コメント:0

弘前観光後、五能線、津軽鉄道を乗り継いで
青森のもう一つの桜の名所、芦野公園へ
芦野公園__07
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
吉永小百合さんが桜満開の駅のホームで佇むJR東日本のポスターで有名な芦野公園駅

芦野公園__04
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

芦野公園__09
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
津軽鉄道
冬はストーブ列車が走ります

芦野公園__06
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
旧駅舎を利用したカフェ
おすすめの馬刺しカレーを頂きました

芦野公園__08
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
芦野公園及び五所川原金木出身の太宰治が公園の池畔で物思に耽っていました

青森 弘前さくらまつり 夜桜ライトアップ 2015年05月03日 旅行 トラックバック:0コメント:2

弘前公園__16
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

弘前公園__17
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

弘前公園__19
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

弘前公園__18
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

弘前公園__21
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
今回弘前城を訪れた理由として石垣の修復工事があります
天守閣をまるごと移動させ石垣を作り直すそうです
この工事が始まると10年以上は元の姿には戻らないとの事
いつかその内にと思っていたけど背中を押されました
いや、来てよかった

青森 弘前さくらまつり 2015年05月03日 旅行 トラックバック:0コメント:0

桜の名所日本一との呼び声も高い青森県弘前市の弘前公園に行ってきました
訪れたのは先月22日
ほぼ満開のナイスタイミング!
弘前公園_
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
津軽藩10万石の居城であった弘前城
現在は弘前公園として市民や観光客の憩いの場となっている
ちなみに東北で唯一の現存天守
弘前公園__01
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR
天守閣からは津軽富士こと岩木山を望む事ができる

弘前公園__03
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

弘前公園__04
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

弘前公園__07
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

弘前公園__10


弘前公園__05
Nikon D600+AF-S NIKKOR 28-300mm f/3.5-5.6G ED VR

とにかく広い、そして桜の量が尋常じゃない
日本一の桜まつりというのも頷けます

仙台観光オマケ 2011年07月21日 旅行 トラックバック:0コメント:0

六魂祭ポスター_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
東北六魂祭のポスター

新幹線_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
東北新幹線あさ8時前に出発し2時間弱で仙台

るーぷる_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VRトリミング
仙台駅前から出ている循環バス
こちらに乗って瑞鳳殿と青葉城址に行きました
他にも美術館・博物館を巡るようです
一日乗り放題チケットは600円

牛タン3_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
仙台ということで牛タンも頂いてきました
「伊達の牛たん」牛たん定食1.5人前
東京でも食えない事はないのですがここで食うから美味いのです

ずんだあんみつ_
iPhone4
やはり仙台ということでこちらも
「ずんだ茶寮」ずんだあんみつ&ずんだシェイク
灼熱の仙台で火照った身体を冷やします
粗引き?のずんだが良い食感
シェイクは東京では飲めません!ウメー



ちょっとだけ仙台観光、瑞鳳殿と青葉城 2011年07月21日 旅行 トラックバック:0コメント:0

六魂祭パレード(結局見られませんでしたが)までの時間つなぎで
伊達政宗ゆかりの瑞鳳殿と青葉城を訪れる事にしました

まず仙台駅前から循環バスで瑞鳳殿前まで
瑞鳳殿入り口出口_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
バスを降りると瑞鳳殿へと長い坂道&石段が続く
その中間地点
登るのがしんどかったが杉並木の静けさと紫陽花の彩りに心の落ち着きを覚えた

涅槃門_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
瑞鳳殿の手前にある涅槃門
涅槃とは煩悩を取り払い悟りの境地となる状態のことで、来世という意味合いでもある
つまりこの門は現世と来世を繋げる門といったところかな?

瑞鳳殿3_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
伊達政宗の霊屋・瑞鳳殿
桃山形式の豪華絢爛な廟建築に目を奪われる
流石は伊達男、眠っていてもゴージャスです
戦争で焼失したものを昭和54年に再建したものらしいですが
色彩は桃山時代のものを再現しているそうです
なお再建の際に掘り出された正宗の遺品などが
瑞鳳殿となりにある資料館に展示されていました
こちらもなかなか興味深いものがあったな

青葉城址石垣_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
バスで青葉城址前に移動
震災の影響でバス停の位置が本来の場所からかなり離れたところに・・・
おかげで青葉城址まで続く九十九折の急坂を登るハメに
なまけもののような歩みで何とか登りきりました
写真は青葉城址の石垣
この石垣の上に天守閣が建てられていたのならどれだけ立派なお城になっていた事でしょう

青葉城址入り口_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
青葉城址in

伊達政宗像1_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
青葉城址に鎮座する伊達政宗公の像
ここから仙台の地を見守り続けています
うーん逆光残念

仙台城址から仙台市_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
伊達政宗公視点はこんな感じ
仙台を一望です

東北六魂祭in仙台 2011年07月21日 旅行 トラックバック:0コメント:0

先週土曜、JR東日本パスを利用して仙台へ日帰り観光してきました
目的は東北六魂祭
青森ねぶた祭、秋田竿燈まつり、盛岡さんさ踊り、山形花笠まつり、仙台七夕まつり、福島わらじまつり
東北六県を代表する六つの祭りが森の都に終結
震災復興への狼煙を上げるアグレッシブな祭りでした
ニュースであったように、結果としてその熱意が多少アダとなった形にはなりましたが
間違いなく人は集まりました
これが全てだと思います

六魂祭ゲート_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
午前10時過ぎ、祭のメイン会場の勾当台公園市民広場に到着
ここでは東北各地の名産品などが並べられていました

六魂祭4_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
市民広場メインステージでは開会式が執り行われていました
笹のアーチには七夕飾り

六魂祭1_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
各市長・町長の挨拶
各地のミス○○が華を添え
伊達武将隊がおもてなし

ねぶた_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
六魂祭のためにつくられた青森ねぶた
震災に見立てた赤い馬を伊達政宗公が抑えつけているイメージ

福島わらじ祭り_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
福島わらじ祭りの巨大わらじ

秋田竿燈祭り2_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
秋田竿燈まつりの竿燈
強めの風が吹いていたにもかかわらずこのバランス感覚

盛岡わんさ祭り1_
Nikon D90+AF-S DX NIKKOR 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR
喜びの舞・盛岡さんさ踊り

夕方に定禅寺通りで行われたパレードは人が多すぎて撮影を諦めましたw

奈良京都滋賀旅行記~京都 2008年04月10日 旅行 トラックバック:0コメント:2

京都は嵐山と清水寺を訪れました
嵐山渡月橋
嵐山渡月橋
嵐山4
嵐山中ノ島橋
嵐山2
嵐山の桜も良い感じでしたよ~


日が落ちてから清水寺へ
八坂の塔
八坂の塔
二年坂2
二年坂
清水寺1
清水寺ではライトアップの夜間特別拝観を実施してました清水寺3

清水寺5

清水寺6

奈良、京都、滋賀と欲張った割には色々見れた有意義な旅でした
惜しむらくは”らしい”食べ物が食べられなかったことでしょうか
京都や奈良に来ておいて2日間ラーメン5食のみってどうだろうw

奈良京都滋賀旅行記~滋賀 2008年04月10日 旅行 トラックバック:0コメント:2

翌日、滋賀の友人pote氏と合流
滋賀の観光名所を巡りました
琵琶湖2
近江八幡近くの琵琶湖のちょっとした浜のようなところで初琵琶湖
海のように広い
そして意外と透明度が高いのですね
安土城址1
安土城址
いわずと知れた織田信長の最後の居城
現在では石垣のみを遺す城址となっています
上ってみようかとも思いましたが長い石段を目の当たりにし目眩がしたので
今回は眺めるだけにしておきました
それにしても山の頂上にはどのような天守閣があったのでしょうね~
彦根城1
続いて向かったのは彦根城
ひこにゃんに会いにいきました
こちらは彦根城の周囲を囲むお堀です
彦根城3
彦根城の天秤櫓
まるで天秤のような形をしていることからこの名が付けられました
非常時には落とし橋になります
彦根城5
幕末の大老・井伊直弼が青春自体を過ごした彦根城
彦根城4
・・・人だかりの真ん中に何か黄色い角のやつが!
ひこにゃん3
彦根城のマスコット・ひこにゃん登場
ひこにゃん7

ひこにゃん8

ひこにゃん9
ひこにゃん人気に死角なし
彦根城6
滋賀は歴史と風土を大切に守り続ける素敵な所でした

奈良京都滋賀旅行記~宇治 2008年04月10日 旅行 トラックバック:0コメント:0

奈良から宇治へ
宇治での一番の目的であった平等院には閉門時間に間に合わず(´・ω・`)
法隆寺と東大寺に時間とりすぎた・・・
平等院は次回に持ち越しということで今回は宇治の町をプラプラ流してみることにしました
宇治橋
宇治橋は646年に初めて架けられた日本最古の橋といわれています
紫式部像
宇治は源氏物語の舞台として有名
紫式部像が橋の袂にあります
宇治6
宇治橋からの眺め
宇治上神社1
橋を渡り宇治上神社へ
宇治上神社
宇治上神社拝殿
閉門してたので門の上から背伸びして撮ってみました
現存する日本最古の拝殿です
タイムアップのため残念ながら本堂を拝むことは出来ませんでした
宇治8
宇治川の中洲では丁度桜祭りが行われていました
宇治7
屋形船で花見なんて乙ですね

奈良京都滋賀旅行記~奈良東大寺 2008年04月09日 旅行 トラックバック:0コメント:2

法隆寺から奈良公園へ
奈良1
奈良公園
鹿1
鹿
奈良公園といえば鹿
鹿せんべいを与えるとお辞儀をします
誰に教わるんですかね?
奈良2
東大寺へと続く道
やはり混みますね・・・
この混み具合は鹿男や奈良マスコットキャラ問題も少なからず影響してる?w
奈良5
東大寺南大門
門の左右に金剛力士像が鎮座します
奈良6
東大寺大仏殿
まるで要塞のような巨大な建物
大仏
奈良東大寺の大仏です
修学旅行には参加しなかったのでこれが初対面になりますね

奈良京都滋賀旅行記~法隆寺2 2008年04月09日 旅行 トラックバック:0コメント:0

西院伽藍から東院伽藍へ移動
法隆寺14
西院伽藍と東院伽藍を結ぶ石畳の道は広々としていて開放感があります
法隆寺13
道の脇には丁度見頃の桜並木が続きます
東院鐘楼
東院伽藍の鐘楼
舎利殿の舎利を奉出するときや、東院伽藍で法要が営まれる時の合図として撞かれています
夢殿
東院伽藍夢殿
739年に僧行信らによって建てられた別院上宮王院の仏殿
聖徳太子の供養塔でもある八角形の円堂には圧倒的な存在感があります
法隆寺25
夢殿の周囲には二種類の桜が見事な花を咲かせていました
法隆寺16

法隆寺19

法隆寺23
 » »