スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

井の頭公園で涼を 2006年06月28日 吉祥寺の街や井の頭公園とその周辺 トラックバック:0コメント:0

蒸し暑くなってきましたね。
東京は今年初めての真夏日を記録しました。
まもなく冷房ガンガンの季節を迎えるわけですが、冷房に頼るとどうしても身体を壊しがちに。体調管理に十分気をつけましょう。
井の頭公園
ここは井の頭恩賜公園。場所はこの辺
吉祥寺駅から徒歩5分あまりでこの緑の深さ。
近隣住人の憩いの場となってます。
橋の上
都会の喧騒はどこへやら。
葉っぱの揺れる音と涼しげな水の音だけが聞こえます。
ここは本当に静かで涼しい。
やはり自然の涼に勝る冷房はなし、ですね。
続きを読む
スポンサーサイト

ようつべ 2006年06月27日 雑記 トラックバック:0コメント:2

私はよく知らないのですが、アメリカ・カリフォルニア州ユーチューブ社が運営する動画ポータルサイトYouTubeのことをこういうそうです。
大きな声じゃいえませんが面白いそうです。
放送事故で検索すると出てくる出てくるテレビ番組のNGシーンやらハプニング映像やら・・・面白すぎらしいです。お奨めは今田・東野・つるべ・たけしのブリーフ4らしいです。腹が痛くなるほど笑えるんじゃないかなと思います。
それと政見放送で検索すると出てくる出てくるシュールな人たちが凄いらしいです。内田裕也のロケンロール演説が最高にシュールだそうです。笑いを通り越して怖いらしいです。
「ぱわーとぅざぴーぽーぱわーとぅざぴーぽー
俺の周りはピエロばかり」
意味不明らしいです。
最近ネタ不足だなーと嘆いてる方はちょっと見てみてはいかがでしょう。
いや私はよく知らないのですが。
続きを読む

RENTブロークンフラワーズ日本沈没 2006年06月26日 映画 トラックバック:0コメント:0

5月下旬分の映画の感想を忘れてました。
RENT
丸の内ピカデリーにて鑑賞。
有名なブロードウェイミュージカルを映画化したもので、月の家賃も払えない貧しい生活を送る若者たちが、友情、恋愛、ゲイ、ドラッグの問題を抱えながらも夢を見続け、必死に今を生きる様子を描く。
とにかく歌いまくり。序盤から飛ばしまくるので途中置いてけぼりを食らいそうになるが、なんとか付いていった。当然だが音楽が良いね。ロックからブルース、バラード、ゴスペル、タンゴまでいろいろ贅沢に楽しめる。個人的には終盤の重要なシーンで黒人が歌ったゴスペル調のバラードが好きだ。鳥肌立ちまくりですよ。しかしまあ出演者全員そろいもそろって濃くてクドいね(笑

ブロークン・フラワーズ
日比谷シャンテ・シネにて観賞。
ジム・ジャームッシュの新作は中年男の哀愁を冷たくあざけ笑うようなロードムービー。
元女たらしの中年男に差出人不明の手紙が届く。内容は元恋人らしき女性からの隠し子報告。隣人のおせっかいも手伝い、ピンク色の便せんを手がかりに今まで付き合ってきた女性たちのもとを訪れる旅に出る。
突然突き放しあとは見るものにゆだねるといったジャームッシュの作風は好みが分かれそうだ。ゆだねる分だけ感想は人それぞれで星の数か。この手の作品は見た同士でそれぞれの感想をぶつけ合うのが楽しそうだ。
目先の華やかなものや綺麗なものだけを追い求めてきたこのジゴロは、年を取ってもやはり目の前の”ピンク色”という手がかり一点に振り回されて翻弄される。男は老いても根本は変わらないんだな、というのが私の感想だ。
しかし中年男役のビル・マーレイは良い味出してる。ハマり役だ。

日本沈没
武道館にて観賞※試写会
7月15日から全国で公開。公開前なので詳細は伏せますが、娯楽大作として期待以上に楽しめたとだけ。あとCGは邦画史上最高の出来とだけいっておきましょう。1973年版の日本沈没と比べてみるのも面白いかも。こっちでは豊川悦司が小林桂樹で、草なぎ剛が藤岡弘、ですよ。



玉川上水と風の散歩道と文豪と 2006年06月24日 吉祥寺の街や井の頭公園とその周辺 トラックバック:0コメント:0

JR三鷹駅南口から井の頭公園とジブリの森を結ぶ玉川上水脇に設置された遊歩道「風の散歩道」は、てくてく歩くのに気持ちの良いお気に入りの散歩道だ。
場所はここ
風の散歩道は文学とゆかりが深い。
風の散歩道のややジブリの森側にある山本有三記念館は、路傍の石で有名な作家・山本有三の旧邸を三鷹市がそのまま記念館として遺したもので、その大正末期の欧風建築はレトロでオサレ。内装も雰囲気たっぷりだ。
路傍の石

路傍の石説明
これが路傍の石。記念館の前に置いてある。

玉川上水のお話内でも触れたとおりここ玉川上水は太宰治が自ら命を絶った場所である。入水地点とされる場所には、太宰の生まれ故郷である青森県金木町産の玉鹿石の無銘碑とプレートが置かれている。
無銘碑
無銘碑。
プレート
プレート。
当時の玉川上水は水量が多く、人食い川とも呼ばれていた。
玉川上水
こちらが現在の玉川上水と風の散歩道。緑だらけで見えないが水位はヒザの高さくらい。流れも緩やかだ。そういえば「嫌われ松子の一生」の中で、主人公松子が玉川上水に入水するシーンがあったな。この水位じゃ無理だ(笑)
万助橋
風の散歩道は万助橋で終点(吉祥寺側から歩けば始点だが)。ここから写真の奥のほうに歩いて行けばジブリの森。写真手前側に行けば井の頭公園、そしてJR吉祥寺駅。
ジブリの森や井の頭公園に遊びに来たなら是非その足で風の散歩道を。

もうすぐブラジル戦 2006年06月23日 雑記 トラックバック:0コメント:0

http://www.tfm.co.jp/specialweek/index.html#
便乗組が多い中、ピエール瀧とバブル青田はすばらしい(笑
平原綾香も頑張ってるな(;´Д`)ハァハァ
前園は英語でかっこつけてないでさっさと決めなさい

続きを読む

嫌われGOALポセイドン 2006年06月20日 映画 トラックバック:0コメント:2

6月前半に見た映画
嫌われ松子の一生
ユナイテッドシネマとしまえんにて観賞

見ごたえありの力作だった。
松子の悲惨な転落人生を、キラキラの原色エンターテイメントでコーティング。登場人物もこれでもかというほど濃いキャラばかりで、見ているものを単純に楽しませてくれる。が、あれもこれも松子の現実逃避を表現しているものとみると少し空しい。どんな境遇に置かれても夢を見つづけ、幸せを見出そうとする松子の姿勢は貪欲ともいえるすさまじさがあった。そして松子が求めていたものの究極は親からもらうことが出来なかった愛情だろう。
終盤、松子の容姿が激変してからの残酷な描写は見るのが辛かった。
でも最後の最後で少し救われたかな。


GOAL!
ユナイテッドシネマとしまえんで観賞

ひと昔前の週間少年ジャ○プに読みきり作品として掲載されていそうな内容だ。単純明快のテンプレートどおりのつくりで安心して観れる。父と息子ものに弱いってひとにはかなりお奨めだ。


ポセイドン
ユナイテッドシネマとしまえんにて観賞

名作のリメイクだが、こちらはかすかにオモシロB級臭がする(誉めている)
手に汗握るハラハラドキドキのアトラクションムービー!という表現がぴたりとはまりそうだ。水恐怖症と閉所恐怖症の方はパニック起こさないように。

岡本3丁目の坂 2006年06月17日 東京23区 トラックバック:0コメント:2

岡本3丁目の坂2
紫陽花を求めて」内で寄り道した通称岡本3丁目の坂。
場所はこの辺。
http://www.mapion.co.jp/c/f?uc=1&grp=all&nl=35/37/20.435&el=139/37/07.173&scl=10000&bid=Mlink
都内屈指の激坂で、その勾配は22%(100m進めば22m上るという意味)。坂マニアやサイクリストの間で有名なこの坂は世田谷100景に選ばれていて、晴れた日には正面に富士山を拝むことができる。これだけ有名な坂なのに正式名称がついてないのが不思議だ。
岡本3丁目の坂1
挑んでは見たものの私の心肺機能じゃとてもじゃないが無理。鍛えた人だとなんとかいけるらしいけどちょっと信じられん(笑)

ちなみに坂の本場・長崎にはこんな坂があります。
http://portal.nifty.com/koneta05/11/12/01/
死ねる(笑

ゲームのお話 2006年06月16日 ゲーム関連 トラックバック:0コメント:0

棚の奥からニンテンドーDSとマリオカートを引っ張り出してきた。
発売と同時に買ってワイファイ繋げたけど対戦相手が強すぎて挫折→タイムアタック2週間くらいやって飽きたんだっけな。
マリカートタイムアタック
ここらが限界だった。SFC仕様ならもっとタイム出てるはず…。

先日はじめたFF12はまもなく終了。
モブシステムがわりと良かったかな。
某モンハンそっくりだけど(笑

次はどうぶつの森いってみるかな。
マザー3もやりたいけどもう少し待つか。
ペルソナ3も中古で安くなってからにしよう。

つーかモンスターハンター2誰かやろうよ。
せっかくオン繋いだのにひとりで狩りって何のためのオンラインなんだ…。

タイトルなしバトン 2006年06月14日 雑記 トラックバック:0コメント:0

ようこからバトン預かりました~ので回答してみましょう

☆Q1 今、リアルに1番欲しいものは?
新しいPC

☆Q2 最近はまっていることを3つ
ジーンズ育て(ワンウォッシュから良い感じにヒゲ、ハチノスを育てたい)
携帯カメラで東京を撮る(デジカメほしい)
皆藤愛子(めざましテレビのお天気娘)

☆Q3 コレが無いと生きていけないもの3つ
映画
カレー


☆Q4 言われてみたい言葉
何も思いつかない・・・
つまり俺は欲のない素晴らしい人間ってことだな

☆Q5 今一番行きたいところはどこ?
京都か沖縄で迷ったが、まだいったことない沖縄

☆Q6 一番好きな振り付けは?
ウナコーワもろこしヘッドの虫刺されダンス(あのCM頭から離れない)

☆Q7 これだけは誰にも負けない!と自信のあるもの
優しさ?わかんねw
たまごの片手割り

☆Q8 自分今までのニックネームは?
こーちゃん
○やん(苗字から一文字とって)
先輩(今も某一名からいわれてるが中学時代も呼ばれていた。同級生から。老け顔だったからだろうな・・・)

☆Q9 自分でも変だと思うこだわりやくせ
ポッキーを牛乳にひたして食べる

☆Q10 このバトン、回してくれる?(人数は自由)
これを見た人、宜しかったらどうぞお願いします。

紫陽花を求めて 2006年06月12日 多摩・東京市部 トラックバック:0コメント:0

いよいよ東京も梅雨入り。
低い空を眺めると気も滅入ってしまいそうだが
ひと月ちょいも我慢すれば待望の夏が来る。
それまではこの雨続きのやっかいな時期を
夏の草木の生育の手助けをしてくれているものと捉え
むしろ自然の恵みにありがとうと素直に言おう。
理想ではあるが、この梅雨はそういう心構えで過ごしてみたい。

紫陽花は、育つ土壌のpH値によってその色が変化する。
花弁のように見えるものは正確には「がく」が変化した装飾花だ。
今回はその紫陽花を追って、仙川と野川を散策してみた。
仙川上流
仙川は三鷹市と世田谷区の住宅街の間をひっそりと流れる。東京に流れる川の中でも地味な部類に入るだろう。
鴨の像
鴨トルネード。
仙川の紫陽花1

仙川の紫陽花2
仙川の紫陽花たち。青い紫陽花は丁度見頃を迎えていたが、ピンクの方はまだのようだ。
東宝撮影所付近
東宝撮影所付近。このあたりは周囲が高台となっているため視界が狭くなり、ちょっとした冒険心を掻き立てられる。

ここで寄り道。坂マニアやサイクリストにはお馴染みの「岡本3丁目の坂」に寄ってみる。(後日アップ予定)

仙川は野川と合流し終了。
さて今度は野川を上流にさかのぼってみよう。
野川1
東京の市部を南北に輪切りにしてみると「√」のような形状になる。この√の形をした崖は、西は国分寺から東は世田谷の等々力まで続いている。これが国分寺崖線(がいせん)だ。野川はこの国分寺崖線に沿うように流れている緑が深いのどかな川だ。
野川2

国分寺崖線では、いたるところで水が湧き出している。自然が豊かなのもこの湧き水のお陰だ。
なお東京の市部の南北に殆ど鉄道が走ってないのは、この国分寺崖線が存在するためだ。
野川の紫陽花
野川の紫陽花。仙川沿いより赤系が濃いようだ。
野川公園
上流にさかのぼり野川公園の中へ。野川公園では蛍も見られるのだが、残念ながらこの日は見つけることが出来ず。
野川は野川公園の中を流れさらに先へと続くが、日没と雨の心配も出てきたのでここで終わりにした。
東京の紫陽花はまだこれからが見頃である。

武道館とか皇居とか廃鉱とか 2006年06月10日 東京23区 トラックバック:0コメント:4

皇居2

皇居1
九段坂から望む皇居・牛ヶ渕。水面まで高さがあり、なかなか壮観だ。この写真の右側に武道館がある。
武道館
こちらが武道館。
九段坂を下り、首都高をくぐると怪しい建物が見えてくる。
廃鉱1
廃鉱マニア(というのがいるらしい)にはお馴染みのビルヂング。
廃鉱2
まだ開いてる店もいくつかあるので正確には廃鉱ではないのだけど、何ともいえないたたずまいだ。
廃鉱3
裏側はこんな感じ。

廃鉱か。なんだろうこのワクワク感は・・・。ハマりそう(笑

多摩サイ 2006年06月03日 多摩・東京市部 トラックバック:2コメント:2

先週の日曜、珍しく天気が良かったので多摩川サイクリングロードを走ってみた。
稲城大橋手前
稲城インターチェンジのあたりから多摩川土手に上る。16時くらい。
是政橋
府中市、是政橋。ユーミンの歌に出てくる競馬場とビール工場がすぐそばに。
四谷橋
府中市と日野市をまたぐ府中四谷橋。1998年開通の新しい橋だ。

貝殻橋

国立市青柳付近、貝殻橋は多摩川支流の根川という川に掛かる木造の釣り橋だ。大昔にこの辺りから大量の蛤の貝殻が出土したことからこう名づけられた。
立川モノレール
立川市と日野市を結ぶ日野橋には、橋と並行するようにモノレールが走っている。のどかな景色だ。

多摩大橋
昭島市多摩大橋付近。美しい夕日をごち。

日没
さらに上流、くじら公園あたりだろうか。ひと気は殆どなくなる。
羽村堰
日没後ももう少し川を遡り、終点は羽村市にある羽村堰。以前とりあげた玉川上水はここから分水される。
ここは夜に来るところではない。さすがに恐怖を感じたのでさっさと帰路につく。暗闇の川沿いを戻るのは精神衛生上宜しくないので、川から離れて羽村市・福生市内を走り、玉川上水沿い~多摩湖自転車道を通って帰宅した。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。