アジア飯と青空 2006年09月24日 東京23区 トラックバック:0コメント:0

土曜は友人と飯会。
アジアンな料理を満喫しました。
苦手なトムヤムクンが出てきて内心焦ったが、ちゃんとしたトムヤムクンはちゃんと旨いことが分かりました。(○清のトムヤムクンヌードルのまずさがトラウマだったもので笑)
二次会は汐留へ。
カレッタ汐留からの夜景を堪能し、日テレ社屋でまったりコーシー飲んで解散。楽しかったっす。
夜景だったら浜松町駅の貿易センタービルもアリだったね。
解散後、なんとなく小腹が空いたので九段下のラーメン斑鳩に寄ってみたけど、タイミングの悪いことに自分の直前で麺切れ。うわあああんんまあ時間的に遅いから仕方ないけどね。

東京駅へ行く道すがら撮った写真をUP。
昨日と今日は年に何度もないくらいの格好良い空だったと思います。
代々木駅付近
代々木駅付近
半蔵門
皇居半蔵門から桜田濠を覗く
皇居前広場
皇居前広場から西の空を望む
カレッタ汐留
オマケ:カレッタ汐留からの夜景らしき写真。レインボーブリッジのようなものが僅かに確認できるので方向的にはお台場かな。ガラス越しの夜景撮影難しいわ・・・。
スポンサーサイト

男は涙を流してはいけないと教わりました 2006年09月21日 雑記 トラックバック:0コメント:0

でもね、それを止められないこともあるのです




http://blognavi.info/news/entry/20060918/17604/index.html

雑記 2006年09月19日 雑記 トラックバック:0コメント:2

台風一過
台風一過の澄み切った空に綺麗な夕焼け。
でも今回は素直に感動は出来ませんね。
被害に遭われた方々に心よりのお見舞いを申し上げます。

さて、、、
そういえば映画ネタを書いてないなと。
書こうにもここのところ映画自体まったく観てないもので。
テンション的な部分もあるかな。なにしろただ今ネガティブキャンペーン実施中なもんで(笑)凹んだ分だけ訪れる歓びが倍増するんで、耐えます。
そういうのもあって何か全然観る気が起こらないのですよ。
観るものが無いなら無いで金も浮くんで助かるんですけどね。
例の”40歳の童貞男”はあの瞬間がピークだったようで、今はレンタル化されてからでいいやってとこです。
公開中の映画はすべて観るくらいの勢いで観まくっていた時期もあったけど、ひどく無駄なことをしてたなと最近思うようになった。これからは打数じゃなく打率優先でいこうかな。
この間CSで「シネマニア」という映画マニアの日常を追ったイタリアのドキュメント映画を観たのですが、映画オタクたちの常軌を逸した行動や、そのねじくれた思考には笑いを通り越し、薄ら寒さすら感じた。映画を観なきゃ!という強迫観念に襲われ、映画を観る事が人生の目的になってしまっている老女が不憫でならなかった。人生の潤滑油であるはずの趣味が、私生活を破綻させるようでは本末転倒ですからね。まあその辺は俺はまだ大丈夫なので安心しましたが(笑)

Wiiの発売日と販売価格が決定 2006年09月15日 ゲーム関連 トラックバック:0コメント:0

12月2日発売の税込み価格25000円で決定したそうです
無難なところか
ゼルダはやりたいけど今の自分のテンションでは初期は様子見だな
ちなみに廉価版XBOX360は29800円
プレステ3は70000円前後

※その後、ソニーはプレイステーション3の値下げを発表
廉価版が49980円、通常版が正式発表はないけど6万強かな
5万弱ならまあ・・・でも初期型買うのは怖すぎる
みんごる5の発売も来年の夏以降のようだし、やっぱり待ちかなあ

江の島、稲村ヶ崎、由比ヶ浜 2006年09月11日 旅行 トラックバック:0コメント:4

夏の最後っ屁なのか、やたら暑い日曜の午後。
海を見ずに夏を終えられるかという訳で
片瀬江ノ島駅
江の島に来てみた。こちらは小田急片瀬江ノ島駅。江の島で遊ぶなら小田急の江の島・鎌倉フリーパスがお得。
腰越海岸
駅からすぐの腰越海岸。江の島に渡る時間があるかどうか微妙。
ウインドサーフィン
ウインドサーフィンに興じる人々。
波
サーフィンには詳しくないけど、良い波来てるんじゃないの?
七里ヶ浜
海岸線沿いを東に行くと七里ヶ浜。
江ノ電
我ながら良い画が撮れた。江の島名物江ノ電です。江の島に来たなら江ノ電には必ず乗りましょう。映画の1シーンにでも出演したかような感覚を味わえますよ。
それにしてもこの渋滞。江の島には車で来るもんじゃないね(笑
稲村ヶ崎
海岸線沿いをさらに行くと有名な稲村ヶ崎に到着。頭上をトビが旋回していた。
稲村ヶ崎
稲村ヶ崎の突端に下りてみた。波のしぶきがミストとなって顔に降りかかる。
由比ヶ浜1
稲村ヶ崎を越えて由比ヶ浜へ。
由比ヶ浜2
気持ち(゚∀゚)イイ!海に足をつけたのは何年振りだ?
由比ヶ浜3
そうこうしてる間にまもなく日没。陽が短くなったな。
稲村ヶ崎の夕日
稲村ヶ崎に戻り、日没を見届ける。
夕日
女はここで口説け。
このあと江の島に渡ってみた。対岸から見る江の島の夜景が思いのほか綺麗だった。稲村ヶ崎で夕日→江の島に渡って対岸から夜景。このコンボは破壊力ありそうだ。
海を見れたのは良かったけど今回も急ぎだったな。江の島岩屋も見てみたかったし鎌倉の寺周りも大仏も見れず。紅葉の季節になるとまた混みそうだから時期を外してまた来てみるかな。

空耳アワー 2006年09月09日 雑記 トラックバック:0コメント:3

「誰が言ったか知らないがいわれてみれば確かに聞こえる空耳アワーのお時間がやってまいりました」
テレビ朝日の「タモリ倶楽部」内に設けられてる長寿コーナー「空耳アワー」の動画をyotubeで見つけた。
http://www.youtube.com/results?search_type=related&search_query=soramimi&search_sort=relevance&search_category=0&page=1
初期の作品はやっぱ面白いね。

「おっさんおっさんか?えー自分だとおもう」
「農協牛乳!」
「パン、茶、宿直」
「おじーちゃああああんザッボーン」
「母さんが言う、こういうパーマは変だと、死のーう」
「いい女、ボス、手でいじる、いやこりゃアッパレです」
「オカマと、そのお父さん」
「花のパリ側、なめこそば」
「お客さんに嫌われるぞ」
「まじぇて飲んでー」
「変なおっちゃんいうた、よっしゃもう一回飯島にしよう、ほかにしよう、ほかにしよう」
「うそ、釈放?」
「パン●ラねえちゃん、ジャスコの前」
「できればスパゲティ」
「元気出せよ佐藤」
「やったっつってんだろ、おめー」
好きな作品をあげてみたけどとまらないとめられない
つか文字で書いても伝わらんし(笑

10数年分のビデオをまとめて編集した計8時間に及ぶDVD空耳アワー傑作選は私の宝物のひとつ。

ポタ予定表 2006年09月06日 雑記 トラックバック:0コメント:0

連投お騒がせします。
漠然と思ってるだけでは忘れそうなんで、今年中に行きたいポタリングコースを箇条書きしておこう。

・江ノ島・鎌倉巡り
新宿から江ノ島まで輪行して、鎌倉を走り尽くして江ノ島で夕暮れの海をみる、と。残暑が残ってるうちに行った方がいいかな。

・多摩湖・狭山湖の廃線トンネル&トトロの森コース
「となりのトトロ」の舞台となった場所をのんびり走ってみたいですねー。
詳細はこちらで。このコースは紅葉の季節まで大丈夫かな。

・秋川~武蔵五日市~払沢の滝
ヒムさんから教えていただいた払沢の滝を見に行こう。これも紅葉の季節までOKだな。

・高尾山口へ
なんとなく高尾山まで。いつでもOK。

・多摩湖越え~サイボクハム
狭山茶と団子と豚肉をごちになるぞ。

さあ自分よここに宣言したからには有言実行だぞ。

ファミスタやりたい 2006年09月06日 ゲーム関連 トラックバック:0コメント:0

弟にテトリスDSのマラソンエンドレスの記録を更新され、しかもデータ上書きされやる気なくしてるkoichiです。
なんかハンゲームでファミスタが遊べるみたいですね。
今は野球ゲームといえばパワプロですが、やはり私達の世代はファミスタ登場時の衝撃を忘れられないわけで。任天堂のベースボールから途中飛ばして進化し過ぎってくらいの完成度の高さで。もう毎日猿のように遊んでましたね。燃えプロとかパワーリーグなんてのもあったけど、ファミスタの完成度には遠く及ばずでした。「はり」「くろまて」「ぽちむら」「おみあい」「きよすく」「きたへふ」・・・あー懐かしい。ナムコットスターズの「ぴぴ」は内野ゴロで二塁までいけたような(笑)
ハンゲ版ファミスタはどうなんでしょうかね。ファミコン版と同じような感じならプレイしてみたいけど、その前にこのPCのスペックじゃ駄目だわな。PC買い換えなきゃないい加減。BTOで安く済ますか。ドスパラ、レイン、マウスどこがいいかな。

秋川 2006年09月04日 多摩・東京市部 トラックバック:0コメント:3

多摩川の支流のひとつである秋川に行ってみた。
今回は輪行に初チャレンジ。
輪行とは、自転車を折り畳んで小さくしたり分解しててから専用のバックに入れて電車内に持ち込むこと。
輪行
こんな風にね。手荷物扱いなので追加料金は取られませんよ。
輪行を利用すれば自転車遊びの行動範囲がさらに広がります。また出先で気分が乗らなかったり疲れたりしたら電車に乗っていつでも帰れるというメリットも。
さてさてまいりましょう吉祥寺駅から拝島駅までの初輪行。
コンパクトな折り畳みチャリとはいえ、やはりかさばる。重さも10キロ強。肩紐が捻れて痛い!
エスカレーターで駅のホームに上がると程なくして中央線立川方面行きの電車がIN。順調順調。立川で青梅線に乗り換えて拝島に到着。楽勝楽勝!エスカレーター様様ですわ~と思ったら拝島駅にはエスカレーター付いてないのねorz
セーブしておきたいのに余計な力を使ってしまった。
拝島駅
駅前で自転車を元に戻し、ドトールで一呼吸ついてからよしいこう。
睦橋通りをつつーっと。まもなくして睦橋を渡り、あきる野市へIN
暑い!湿度は低いが直射日光浴びまくりで早くもへばりそうになる。残暑はまだまだ厳しいようで。
スーパーに寄って聞きなれないメーカーの清涼飲料水をふたつ買う。
睦橋通りから小川という町の交差点で南に曲がりると秋川とご対面。
秋川1
ちょっとしたキャンプ場があり、若者や家族連れがバーベキューしたり泳いだりしてた。ラジコン飛行機を飛ばしてる人も。ちょっと離れると釣りに興じるおじさんたちがぽつりぽつり。何が釣れるんだろう。
東秋留橋
もう少し進んで東秋留橋あたり。草の陰に釣りのおっさんが隠れてます。大声だしてやろうか(笑
気が付くとあまり暑くない。そして何故だかわからんが体力がみるみると湧いてくる。やっぱり川や緑の中を走るのは身体に良いみたい^^
東京サマーランド
東京サマーランドを左に見る形で、秋川をさらにさかのぼる。サマーランドにも人がいっぱい。ウォータースライダーが大盛況のようで。寄っていきたいけどひとりじゃ無理(笑
六枚屏風岩
サマーランドを超えた辺りで荒々しく切り立つ崖が出現。岸壁の形が屏風を折り畳んでいるように見えることから六枚屏風岩と呼ばれる。
水遊び1
さらに進むとまたちょっとした川遊び場。山田大橋キャンプ場だったかな。涼しそうだな~足だけでも川に漬けてくるんだった。
網代
山田大橋あたりで川沿いの道は山肌を登るようにUの字を描いて上へ。きっつ・・・。トンネルやら分岐やらでどっちいっていいか解らなくなるし。いや地図はもってきたけど縮尺が大きいわ8年前のだわで(笑)後で調べたらどうやら上りすぎてたみたい。道理でこの景色。
夕日橋
渡る必要のなかった橋。下は谷で渡るの怖かったんですが・・・。
涼しい道
左が山、右が崖。太陽光がはいってこないと涼しいね。風が吹くと汗が乾いて寒いくらいだ。
水遊び2
秋川と再会したが、かなり高い位置から見下ろすかたちになった。ここでも水遊びやってるね。でもどこから下りたんだろう。
秋川2

秋川3
20mくらいの高さあるかな。怖いんですが・・・。
武蔵五日市駅
そしてゴールの武蔵五日市駅。思えば遠くへ来たもんだ。
やまねこ亭
武蔵五日市駅のすぐ目の前にある「やまねこ亭」。今回の目的のひとつでもある。名物の野菜カレーとコーヒーを頂いてきた。美味かった^^この店は東京多摩地区の自転車乗りは知ってなきゃモグリといわれるくらいの有名店。店主自身が自転車乗りで、お店のHPにもコース案内や役立ち情報などが満載。なるほど自転車乗りの憩いの場となるのも頷ける。後から入ってきた若い夫婦も自転車乗りらしく(というかそういう格好をしてた)ちょっと話しかけてみた。なんでも小平の方から多摩川そして秋川とのんびり流して、寄り道しながら湧き水めぐりなどをしてきたとのこと。羨ましい。夫婦でサイクリングなんて憧れるなあ。
若夫婦と別れ、帰路につく。
夕暮れの五日市街道を行く。ほとんどの工程が下りで楽々進む。
見慣れた市街へ戻ってくると、あっという間に夜になっていた。
満足な一日にはなったが、そこはかとない寂しさを覚えた。

40歳の童貞男 2006年09月03日 映画 トラックバック:0コメント:2

タイトルにひかれて飛んできましたね?
この映画の詳細はこちら
いつも利用してる映画館でのレイトのみの上映です。
見る時間がなかったのでまたそのうちレポしますが、それにしても思い切ったタイトルつけたなあ。なんか先着40名に特製ティッシュぺーパーをプレゼントとか。ティッシュって意味深だなおい(笑)
受付は若い女性ばかりなんだよね・・・
受付と客との間にみょーな空気が漂いそうです。

押さないで↓ 続きを読む

太陽 2006年09月02日 映画 トラックバック:0コメント:0

月いちの定期検診を終え、このまま帰宅するのもなんだかなということで雨の井の頭公園散策と洒落込む。
雨の橋
雨に煙る井の頭公園。しとしとと良い雰囲気・・・といいたいところだが、まだまだ雨粒は大きい。
かも
カモ━(゚∀゚)━!!
公園
水溜りに周りの景色が映りこむ。

そういえば今日は映画の日だ。
なんか良いのやってないかなということで調べてみたところ、バウスシアターであの「太陽」をやっているではないか。
ということで見てきた。
太陽
終戦からマッカーサーとの対面、そして「人間宣言」までの、昭和天皇の孤独と葛藤を描いたロシア映画。監督はアレクサンドル・ソクーロフ。
ロシアの映画祭でグランプリを獲得したが、天皇そのものを描いていることなどから日本での上映は難しいとされていた。
ガチガチの政治ものかと思いきや、人間・昭和天皇に焦点を絞った作りで、話し振りやものの考え方などきっとこうではなかったのかなと想像させる。私たちの知り得なかった昭和天皇の日常を同じ高さの目線から垣間見たようだ。
昭和天皇役のイッセー尾形の演技は凄まじすぎる。資料映像とか見まくったんだろうな・・・その役作りの工程を是非見てみたい。
映画自体はさほど面白いものではなかったが、見てよかったと思える作品だ。レンタル化も現状じゃ厳しそうだしね。

ボブの絵画教室 2006年09月01日 雑記 トラックバック:0コメント:0

ボブの絵画教室の動画※yotubeより
http://www.youtube.com/results?search_type=search_videos&search_sort=relevance&search_query=joy+of+painting
あなたも絵を描いてみたくなったでしょう?
ボブの絵画教室(The Joy of Painting With Bob Ross)とは12~3年前にNHKのBSで放送されていた番組で、アフロとヒゲの優しそうなボブおじさんが、ボブ・ロス画法という独自の画法を用いて、30分の放送時間内に綺麗な風景画を一枚描きあげてしまいます。
もともと絵が好きなので夢中になって見てました。油絵ってこんなに簡単に描けるものなんだという驚きとともに毎日ワクワクしていたものです。いつかこの画法を真似して油絵を描いてみたいと思ってはいるのですが、狭い我が家じゃ無理があり(笑)マリオペイントなどのお絵かきゲームソフトでこの画法を試したりしていました。
調べたところ、なんと「ボブの絵画教室」が任天堂の次世代ゲーム機「Wii」のソフトとして発売されるらしいじゃないですか。あの長細いコントローラを筆に見立てて絵を描くのでしょうか。欲しいな・・・。

まあでも本当は実際に油絵を描いてみたいんですけどね。