スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペルソナ3→みんなのテニス 2006年11月30日 ゲーム関連 トラックバック:0コメント:8

えっとPCクラッシュしまして
再セットアップしまして
いろいろ消えてしまいまして
まあ大したデータ入ってたわけじゃないからまあいいか

話変わって
最近ずーっとやっていたペルソナをやっとこさクリア
長かったけど面白かったな
ひさびさに買って良かったと思えるゲームだった
というかいまさらゲームごときに感動するとは思わなんだ
ストーリーはありがちだしテーマも使い古されたものなんだがなあ
きっとどこかの琴線に触れたのだろう
最終決戦の高揚感といったらもうただごとじゃなかった
音楽も素晴らしかったな~サントラ欲しくなった
ペルソナ3
暗い話なんだよね

遊び尽くしたペルソナ3を3000円で売り
その3000円でみんなのテニスを購入した
面白いんだけど飽きるのも早そうな気がする
みんてに
グロリアタン(*´д`*)

追記12月4日
最後に残しておいた苦手の黒カイトには
同じネットプレイヤーのジュンで対抗
みんテニの星
ついにやりました
カイト×カイトでも良かったんだけど男キャラで星になるのが嫌だったんで(笑
スポンサーサイト

晩秋の黄昏 2006年11月27日 善福寺公園 トラックバック:0コメント:3

ボートサムネ
少し前の木枯らし一号が吹いた日に撮影しました
肌を切るような北風もあの男女には関係ないのでしょうね
いやまて男同士という可能性も無くは・・・
晩秋2サムネ
まるでステンドグラスのような枯れ葉のシルエット
始終強い風が吹いていたためシャッターを押すタイミングが取り辛かった
この葉が全て落ちるといよいよ冬の到来です

撮影場所:二枚とも善福寺公園

善福寺公園 2006年11月25日 善福寺公園 トラックバック:0コメント:4

上の池紅葉
紅葉が始まりました。
下の池紅葉

鴨大杉
鴨大杉。
夕焼けベンチ
夕焼けベンチ。
案内板
善福寺公園の善福寺池は武蔵野台地の三大地湧水池のひとつで(他のふたつは井の頭恩賜公園の井の頭池と石神井公園の三宝寺池)、上池と下池のふたつの池からなります。
住宅街の真ん中にあるにもかかわらず自然が豊富で、四季折々の草花や野鳥を楽しむ事が出来ます。ご存知”野鳥の会”が発足したのもここ善福寺池らしいですよ。
影
我が家から歩いて三分の距離にあるので気が付くと足を運んでたりするんですよね。井の頭公園とは違った落ち着いた雰囲気があって好きです。
これからもここ善福寺公園の春夏秋冬様々な表情をUPしていければと思います。

...And now for something completely different. 2006年11月25日 雑記 トラックバック:0コメント:0

http://www.kokusainews.com/article/27909782.html
ミロ吹いた。モンティ・パイソンのスケッチに出てきそうだ。

映画三本 2006年11月23日 映画 トラックバック:1コメント:0

スネーク・フライト
ユナイテッドシネマとしまえんにて観賞。
うわああ飛行機の中に大量のヘビがああねえねえ僕たち食べられちゃうのおお?!そんな中身空っぽのB級パニック映画。
サミュエル・L・ジャクソンはタイトル(原題:「SNAKES ON A PLANE」 )を聞いただけで出演OKしたそうです。さすが(笑

サンキュー・スモーキング
日比谷シャンテシネにて観賞。
タバコ業界の宣伝マンがその巧みな話術を駆使して喫煙の正当性を訴え続けるという社会風刺コメディ。
テンポ良く飛び出すシニカルなジョークが実に痛快。
ハリウッドスターに映画の中でタバコを吸わせるために、主人公がハリウッドに突撃するシーンが面白い。最近じゃ映画の中で喫煙するシーンは殆ど見かけなくなったが、当時タバコはハリウッド映画の中では雰囲気作りの重要なアイテムとして使われていた。なるほど、今も昔も宣伝マンにとって手っ取り早く情報を操作する手段として映画というメディアほど利用しやすいものはないんだなと。
オチは弱い気がしたけど、まあこういう着地が今の時代には相応しいのかな。

手紙
ユナイテッドシネマとしまえんにて観賞。
殺人を犯した兄のせいで人生を狂わされてゆく青年の苦悩を描いた、東野圭吾の小説を映画化した社会派ドラマ。
辛い・・・救われない。
泣けるし感動するけどすっきり出来ない。
「”犯罪抑止”のためには犯罪加害者の家族は差別されても仕方ない」
といったメッセージが込められてると思うのだが、犯罪抑止のことだけを考えればその意見は合っているのかもしれない。しかし当然ながらやはり受け入れがたい。丁寧に扱わなければいけない問題だから、正しい、間違ってる、とは決め付けられないが、私にとってはこのメッセージはある一面からのみ見ただけの極論にしか映らないなあ。
でもとても考えさせられるので是非見て欲しい。

ボジョレー・ヌーボー 2006年11月22日 トラックバック:1コメント:3

ボジョレー
「脚なんてただの飾りです。偉い人にはそれがわからんのですよ」
「私に使えるのか?」
「大差のニュータイプの能力は未知数です。保証できるわけありません」
「いってくれる。気に入らんな」

「さて、問題は私に明確なニュータイプとしての素養があるかどうかだ」

「なぜ巻き込んだ・・・ララァは戦いをするひとではなかった!」
「チイッ・・・!」
「シャアア!」

ドキューン!!
「違うか・・!」
ドガーン!!
「・・・まだだ、たかがメインカメラをやられただけだ」

「貴様がララァを戦いに引き込んだ」
「それが許せないというのなら、それは間違いだなアムロ君」
「なに?」
「戦争がなければララァのニュータイプへの目覚めはなかった」
「それは理屈だ」
「しかし正しいものの見方だ」
「それ以上近づくと撃つぞ」
「今君のようなニュータイプは危険だ。私は君を殺す」

「止めなさいアムロ!やめなさい兄さん!二人が戦うことはないのよ!」
「・・・今ララァがいった。ニュータイプは殺しあう道具ではないって」
「戦場では強力な武器になる。やむを得ん事だ」
「貴様だってニュータイプだろうに!」
「ああっ!」
「うわあ!」
グサッガキッ

「兄さんの敵はザビ家じゃなかったの?」
「ザビ家打倒なぞもうついでのことなのだアルテイシア。ジオン無きあとはニュータイプの時代だ。アムロ君がこの私の言うことが分かるのなら、私の同士になれ。ララァも喜ぶ」
「なに!?」
ドカーン
「兄さん額の傷は?」
「ヘルメットがなければ即死だった」

「ここもだいぶ空気が薄くなってきた。アルテイシアは脱出しろ」
「兄さんはどうするの?」
「やはりザビ家の人間は許せぬとわかった。そのけりはつける」
「兄さん・・・」
「おまえももう大人だろ。戦争も忘れろ。いい女になるのだな」

「ガルマ、私の手向けだ。姉上と仲良く暮らすがよい」
「シャアか・・・」
ギュワアアーー
ズドドドドドドオオオオオン

「ララァのところにいくのか・・・」
「殺しあうのがニュータイプじゃないでしょ?」
「え?そうだな・・・どうすればいい?」
「アムロとはいつでも遊べるから」
「ララァ・・・」
「決まってるでしょ?」
「あ、見えるよ・・・みんなが」
「アムロなら見えるわ」

「セイラさん、立って、立つんだ!」
「アムロ?アムロなの?でもここがどこだか分からないのよ・・・・・・ここをまっすぐ?」
「そうです。500m言ったら左へ90度曲がって下さい」

「僕の大好きなフラウ、次の銃撃がやんだらいっきに走り抜けられるよ」
「アムロなのね?どこにいるの?」
「ランチのところに行くんだ。いいね?」

「ホワイトベースが・・・沈む・・・」
「アムロが呼んでくれなければ我々はあの炎の中に焼かれていた」
「じゃあ・・・アムロはこの船にはいないの?」
「いない・・・セイラやミライの方が聞こえるんじゃないのか?」
「え?」
「ジオンの忘れ形見のセイラの方が我々よりずっとニュータイプに近いはずだ。探してくれ、アムロを」
「私がホワイトベースにたどり着くまではあれほどに・・・アムロ・・・人がそんなに便利になれるわけ・・・ない」
「ちょい右」
「そう右」
「はいそこを真っ直ぐ!」
「どうしたの?三人とも」
「こっちこっち、大丈夫だから!」
「すぐ外なんだから!」
「いい?4、3、2、1、0・・・ボジョレー!」
ボジョレージオング

・・・えーさてボジョレーですが、フルーティでゴクゴクいけちゃいますね。
やっぱりワインは美味いです。
ワインにはチーズかな。明日買ってこよう。

御岳渓谷の清流 2006年11月21日 多摩・東京市部 トラックバック:0コメント:2

続きです。
紅葉も綺麗でしたが清らかな川の流れにも感動しました。
川原からの眺め
日が陰ると急激に冷えてくる
ロッククライム
クレイジー・クライマー養成所
清流
見よこのシースルー具合
急流
激流って映画ありましたね
カヌー1
川の流れの緩急が激しい御岳渓谷はカヌーの練習には最適。数々のオリンピック選手がここから誕生していったそうです。この赤い選手はどうでしょうか・・・。
↓↓↓ 続きを読む

御岳渓谷の紅葉 2006年11月20日 多摩・東京市部 トラックバック:0コメント:4

そうだ紅葉だ。
という訳で土曜、東京都青梅市の御岳渓谷にふらっと行ってきました。
吉祥寺からJRで約一時間強の距離にこの景観。素敵過ぎます。
御岳渓谷(小
御嶽渓谷に流れる多摩川の清流は日本名水百選に指定されている。
銀杏
蛍光色の黄が鮮やかな玉堂美術館前の大銀杏。色いじってませんよ。
もみじ1

もみじ4

もみじ3
植物は逆光で撮ると良いね。
もみじ2
枝っぷりに惚れた。

親子連れやカップルなどさすがにかなりのひと出でしたね。
皆のんびりハイキングしてましたよ。
紅葉の方は来週末までは大丈夫でしょうか。
渓谷の遊歩道沿いには面白そうな美術館や澤乃井の酒蔵もあります。
酒飲みながら紅葉狩りなんていかがでしょう。

オマケ↓ 続きを読む

フォトログ? 2006年11月19日 善福寺公園 トラックバック:0コメント:5

夜の善福寺
撮影場所:杉並区善福寺公園

写真がますます面白くなってきた
ウデはまだまだド素人だけど
少しずつ上達していければなと思う
まずはこのoptio M10を限界まで使い倒すまで
林○ぺーになるか
福山○治になるか
ここが勝負の分かれ道!

EBSデータ飛び 2006年11月16日 ゲーム関連 トラックバック:0コメント:0

EBS
あーあ飛んじゃった・・・
管理人放置っぽいから復活は難しそう
頑張ってしこしこ武器表作ってたのにorz

猫のまち谷中 2006年11月12日 東京23区 トラックバック:0コメント:2

定期検診のあと、軽い足取りそのままで谷中にいってみた。
このあたり
谷中・根津・千駄木は江戸時代に門前町として栄えた町で、周囲には墓地や神社が点在している。昭和の風情をそのまま残す町の様子は、いつか見たことのあるような景色ばかりでどこか懐かしい。
最近はお洒落なCAFEや雑貨屋が軒を連ねるようになり、観光地としてもすっかり有名になった。
また谷中は猫の町といわれるくらいに猫と縁が深く(夏目漱石邸の跡もある)町のいたるところで猫を見ることが出来る。猫好きにはたまらない町だ。

夕やけだんだん3
ここは谷中の玄関口「夕やけだんだん」
夕やけだんだん1
夕焼けが絵になる場所として有名
谷中ねこ2
谷中の門番登場
谷中ねこ3
そこら中を我が物顔で闊歩
谷中ねこ1
人を怖がらず、人に媚を売らず
夕やけだんだん2
自由気ままに暮らしている
谷中ぎんざ
夕やけだんだんを降りると賑やかな「谷中ぎんざ」
メンチ
揚げたてのメンチは格別だ
日没となってしまったので途中で散策を切り上げた。
谷中・根津・千駄木は一日かけて、道に迷いながらじっくり探検してみたい町だ。

安堵 2006年11月12日 雑記 トラックバック:0コメント:2

金曜は月いちの検診の日。
持病の検診とは別に、一年ほど前から抱えている不安個所の検査を行った。
検査の結果は異常なし。
二つの大きな悩みの内のひとつが、最良の結果を持って解消した。
こんな嬉しい事はない・・・ララァ
なんという開放感。
足取りが軽い。
病院を出ると外は小春日和の優しい日差しに溢れていた。
深呼吸をひとつすると穏やかな安堵に包まれた。
頭の中の淀んだ部分が綺麗さっぱり消えてなくなる様だった。


キチナリエ 2006年11月09日 吉祥寺の街や井の頭公園とその周辺 トラックバック:0コメント:2

まあ前回はちと熱くなってしまいまして。
この入れ替えが双方の選手にとって良い結果を生むことを願います。
新天地で頑張ってくれ仁志、鴨志田、長田。
メジャーはきついと思うけど応援してるぞ桑田。

さて話は変わりまして
もう11月ですよ11月。
毎年のように言ってる気がするけど
今年は恐ろしく早かったなあ。
キチナリエ
吉祥寺の駅前ロータリーに今年も例のイルミネーション「キチナリエ(たった今命名)」が登場。
綺麗は綺麗なんだけどちょっと安っぽいんだよなあ(笑
ケーキの外紙のようにくるくるっと筒状にしたら立体感が出ていい感じになるんじゃないかな。
誰か武蔵野市に訴えてみてください。
Parcoツリー
こちらはPARCOのクリスマスツリー
色づかいが可愛いと思った。
まだ暖かいので場違いな空気が漂っていないとも決して言い切れないと遠まわしに否定的意見を述べるつもりは全くないけれど!

血の入れ替えという名の暴挙 2006年11月08日 雑記 トラックバック:0コメント:0

桑田を引きとめようともせず退団させ
仁志を腐らせた挙句にトレード放出
そして謎のオリックス谷の獲得
夫婦ネタで視聴率稼UP狙いというのなら反吐が出る
血の入れ替えということらしいが
生え抜き選手たちに対しあまりにも冷たいのではないか
巨人軍復興のためにもっとも大事なのはチームが一丸となること
なのにやってることはこれだよ
選手たちはこんなこと平気でやる球団を優勝させたいと思うだろうか
どうしちゃったんだよ辰徳
フロントの言いなりなのか?
それとも敢えて悪役を買って出てるのか?
もはや原辰徳の監督としての実力に疑問符を付けざるを得ない
原巨人の世間の評判はすこぶる悪い
もはやプロ野球界の悪役といっても過言ではない状況だ
子供のころからの原辰徳ファンとしてとても寂しい限り
・・・まあ勝てば官軍というから
勝ちさえすれば世間の見る目も変わるかもしれない
私自身もオールOKで許してるかもしれない
情けないけどファンだからね(苦笑
きっと来季も応援してしまうんだろうな

食う飲む遊ぶ! 2006年11月05日 雑記 トラックバック:0コメント:6

友人達と遊び&飲み会
溝の口で集合し軽食を取ったあと
多摩川河川敷に移動し
本日のメインである「パークゴルフ」をプレイ
パークゴルフ

安定しないティーショットと中華なべをひっくり返したような形の鬼グリーンに苦しめられてブービー賞
アプローチは良かったんだけどねえ
ちなみにビリは・・・本人の名誉のため伏せておきます
つか草の上を普通に歩き回るのって気持ち良いね

夕食は蒲田で餃子三昧
餃子
モチモチの皮をひと噛みすると中からじゅわっと汁が溢れ出す
これほどの餃子を食したのは初めてだ(゚д゚)ウマー
洒落にならないくらい美味かった!

そのあとはダーツバーへ
ダーツ
ダーツバーは初めての経験
5人で20ゲームくらいやったかな?
神宮寺三郎のミニゲームで少しは雰囲気は知ってたけど
やはり本物は勝手が違って難しかった
それでもビギナーズラックでなんとか2勝
ラスト3ゲームでこれだ!という投げ方を見つけたんで
次はもっといけそうだ

ダーツのあと皆と解散
また会う日まで!

地元に帰ったら程よく小腹が空いてたのでラーメン屋に突入
味噌オロチョン
吉祥寺味源の味噌オロチョン

ウオー楽しかった
日ごろの悩みなんか吹っ飛んでしまう勢いだ
つか珍しくありえんくらい酔ってしまったんで明日が心配
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。