スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2006年劇場で観た映画を☆で評価 2006年12月31日 映画 トラックバック:0コメント:0

今年劇場で観た映画をまとめてみましたよ。
☆評価はまあ今何となくつけたものなので参考程度に。

1月
「歓びを歌にのせて」☆☆☆☆
「ロード・オブ・ウォー 史上最強の武器商人と呼ばれた男」☆☆☆
「キング・コング」☆☆☆
「男たちの大和」☆☆★
「プルーフ・オブ・マイ・ライフ」☆☆☆
「僕と未来とブエノスアイレス」☆☆☆
「ハリーポッターと炎のゴブレット」☆☆☆
「スタンド・アップ」☆☆☆☆
「ある子供」☆☆☆
「ホテル・ルワンダ」☆☆☆☆★
「プライドと偏見」☆☆☆☆
「フライト・プラン」☆☆
2月
「あおげば尊し」☆☆☆
「レジェンド・オブ・ゾロ」☆☆☆
「ミュンヘン」☆☆☆☆
「秘密のかけら」☆☆☆☆
「ジャーヘッド」☆☆★
「アサルト13 要塞警察」☆☆☆★
「PROMISE」☆☆
「ナイト・オブ・ザ・スカイ」☆☆☆★
「ダイヤモンド・イン・パラダイス」☆☆☆☆
3月
「オリバーツイスト」☆☆☆
「クラッシュ」☆☆☆☆☆
「シリアナ」☆☆☆★
「リトル・ランナー」☆☆☆
「ブロークバック・マウンテン」☆☆☆☆★
「カミュなんて知らない」☆☆☆★
「スピリット」☆☆☆
「白バラの祈り ゾフィー・ショル最期の日々」☆☆☆☆★
「エミリー・ローズ」☆☆☆
「リトル・イタリーの恋」☆☆☆☆
4月
「ヒストリー・オブ・バイオレンス」☆☆☆☆
「メルキアデス・エストラーダの3度の埋葬」☆☆☆☆☆
「プロデューサーズ」☆☆☆
「タイフーン」☆☆★
「トム・ヤム・クン!」☆☆☆
「僕を葬る」☆☆☆☆
5月
「Vフォー・ベンデッダ」☆☆☆☆
「ニュー・ワールド」☆☆☆
「アンジェラ」☆☆★
「ピンク・パンサー」☆☆☆★
「ダ・ヴィンチ・コード」☆☆☆★
「ブロークン・フラワーズ」☆☆☆☆
「RENT」☆☆☆★
「日本沈没」※試写☆☆☆
6月
「嫌われ松子の一生」☆☆☆☆★
「GOAL!」☆☆
「ポセイドン」☆☆☆
「グッドナイト&グッドラック」☆☆☆☆☆
「トランスポーター2」☆☆★
「ロシアンドールズ」☆☆☆☆
「ナイロビの蜂」☆☆☆★
7月
「カーズ」☆☆☆
「デスノート」☆☆☆
「インサイドマン」☆☆☆
「M:I:III」☆☆☆★
「ゆれる」☆☆☆☆☆
「ゲド戦記」☆☆
8月
「パイレーツ・オブ・カリビアン デッドマンズ・チェスト」☆☆★
「ローズ・イン・タイドランド」☆☆★
「ユナイテッド93」☆☆☆☆
「スーパーマン・リターンズ」☆☆☆★
「幸せのポートレート」☆☆☆☆
9月
「太陽」☆☆☆
「マイアミ・バイス」☆☆★
10月
「イルマーレ」☆☆☆
「X-MEN ファイナルディシジョン」☆☆☆☆
「キンキー・ブーツ」☆☆☆☆
「ザ・センチネル 陰謀の星条旗」☆☆☆
「レディ・イン・ザ・ウォーター」☆☆☆☆
「カポーティ」☆☆☆☆★
「ブラック・ダリア」☆☆☆☆
「旅の贈りもの 0:00発」☆★
「地下鉄(メトロ)に乗って」☆☆☆★
11月
「スネーク・フライト」☆☆☆☆
「サンキュー・スモーキング」☆☆☆☆★
「手紙」☆☆☆☆
12月
「ワールド・トレード・センター」☆☆☆
「トゥモロー・ワールド」☆☆☆☆★
「父親たちの星条旗」☆☆☆☆
「麦の穂をゆらす風」☆☆☆☆☆
「007 カジノ・ロワイヤル」☆☆☆
「硫黄島からの手紙」☆☆☆☆
「あるいは裏切りという名の犬」☆☆☆☆

下半期息切れで年間100本到達出来ず。
つか下半期は惹かれる作品が少なかったかよなあ。

さてさて。
間もなく年が明けますね。
皆さん良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

クリスマスに見たちょっと幸せな光景 2006年12月26日 雑記 トラックバック:0コメント:2

「走った方が速いから、僕走るよ!」
父の引く自転車の補助席から飛び降りると、男の子は自分の家の方向に元気良く走っていった。
父と姉は、仕様が無いなあといった表情でその後ろ姿を見送った。
家に待つのは大きなケーキだろうか。
お母さんの焼いたチキンだろうか。
差し込む西日は住宅街の一角を斜めに照らした。
男の子の足元には、長く伸びた影が幾度も幾度も跳ねていた。

イブの夕方に見た光景だ。
一見、何気ない日常の風景だが、なぜかとても印象に残った。
そして少し得をした気分になった。

俺的クリスマス映画 2006年12月23日 映画 トラックバック:0コメント:2

今なんとなく見たいなってクリスマス映画まずは2本。
NOEL
ちょうど去年の今ごろ上映してた作品。
クリスマスのニューヨーク、それぞれ心に悩みを抱える男女三人の元に起こる、ささやかだけどとても温かな一夜の奇跡。
報われるべき人間が報われると、嬉しさがこみ上げ思わず目頭が熱くなる。
出演:スーザン・サランドン ペネロペ・クルス他

幸せのポートレート
半年くらい前の上映作。
今はレンタルの準新作あたりに並んでいるかな。
キャリアウーマンが婚約者の家族と接し、結婚の理想と現実のギャップに戸惑いながらも、自らをさらけ出すことで本当の幸せを見つけ出していくその成長の過程を描いた人間ドラマ。
ノリは「ラブ・アクチュアリー」や「ブリジット・ジョーンズの日記」に近い。
出演:ダイアン・キートン サラ・ジェシカ・パーカー他

そして次の2本は個人的クリスマス映画ツートップ作品です。
素晴らしき哉、人生!
今更説明するまでもない名作。
クリスマスに限らずひどく落ちこんだ時やどうしようもない孤独感に苛まれた時に見ると効果絶大。
もしも自分が存在してなかった場合、誰か身近な人の人生が今とまったく違うものになっていたのかも知れない・・・
もしあの人との出会いがなかったのなら自分は果たしてどんな人生を歩んでいたのだろう・・・
少なからず人間は誰かに影響を与えながら生きている。誰かがくれたあの一言、見守ってくれた人たち、大事な人との出会い、それらの全てが今の自分を形成しているのだと考えると感謝の念でいっぱいになる。
主演:ジェームス・スチュアート

ラブ・アクチュアリー
身分を越えた愛、結婚とそれを祝福する友達以上恋人未満の愛、ほのぼのとした初恋、男同士の友情などさまざまなラブのあり方を描いた群像劇。
登場人物がたくさんいるので誰目線で見るかによって何度も楽しめる。
イギリス風味のジョークも好みだ。
もともと好きだった作品だがある映画好きの友人からプレゼントされてさらに思い入れの強くなった特別な作品。
またいつかこの作品について語り合いたいものだ。
出演:ヒュー・グラント 俺のキーラ・ナイトレイ他
ラブ~と素晴らしき~
どっち見ようか

The yellow world@善福寺公園 2006年12月17日 善福寺公園 トラックバック:0コメント:2

黄色輝く銀杏
柔らかな日差しを浴びて、イチョウはより一層輝きを増します
銀杏積もる
低木の常緑樹に黄色い葉っぱが積もります
善福寺のイチョウは全体的にもう終盤ですね
そのスカスカ具合はもはや50代オッサンの頭皮状態
黄色いボート
貸しボートは来春までお休み
黄色の絨毯
落ち葉を蹴散らして暴れまわりたいところですが、世間の視線がそれを許しません

表参道アカリウム 2006年12月16日 東京23区 トラックバック:0コメント:3

環境問題により1999年以降中止となっていた表参道のイルミネーションが8年ぶりに装いも新たに復活しました
アカリウム1
表参道アカリウム
行灯をイメージした和のテイストで表参道を柔らかに包みこみます
まあ言ってしまえば地味なんですが、こういう落ち着いた雰囲気は嫌いじゃないですね
ちなみにこの明かり、時間によって色が変化します
オブジェ2

渋谷2
ついでの渋谷

秋から冬へ@井の頭恩賜公園 2006年12月14日 吉祥寺の街や井の頭公園とその周辺 トラックバック:0コメント:5

井の頭公園と自転車
井の頭恩賜公園の紅葉もまもなく終わります。
もみじの絨毯
もみじの葉っぱの赤絨毯。
鳥居
もみじの赤と鳥居の赤のコラボレート。すぐそばに弁天様が奉られています。
七井橋から
井の頭池はラブラブボートで渋滞中。弁天様は嫉妬中。
渡り鳥
ゆりかもめ君は越冬の場をここに決めたようです。

ドラゴンクエスト9 2006年12月13日 ゲーム関連 トラックバック:0コメント:3

12日午後、スクウェア・エニックスはドラゴンクエストシリーズの最新作「ドラゴンクエストⅨ(9) 星空の守り人」をニンテンドーDSで発売する、と発表した。Wi-Fiコネクション対応で2007年発売価格未定。

DSかあ、驚いたけどドラクエにはDSがあってるかも。
FFのような超美麗グラフィックはドラクエには不必要だしね。

気になる点がいくつか。
Ⅸでは戦闘システムにエンカウントの概念が無くなりシームレスでの戦闘となるらしい。つまりFF12やモンスターハンターのように画面の切り替えなしで目の前にいる敵と戦闘モードに突入するってこと。
エンカウントして画面が切り替わるとドット絵のモンスターが綺麗に整列して登場!ってのがドラクエらしさのひとつだと思うのだけど、この辺がどう変わってしまうのか気になるところ。
そしてさらにその戦闘モードがこれまでのコマンド選択制からタッチペンを使ったアクションに変更されるらしい。
それとwi-fi対応で多人数協力プレイが可能、とのことなのだが、果たしてwf-fi通信でどこまでの協力プレイが可能なのか。相手とのコミュニケーションはやはりボイスチャットということになるのだろうか。

不安要素もあるにはあるがやっぱり期待してしまうんだな~
いろいろ変わっても根本がドラクエしていれば問題無し。
ワクワクしながら新情報を待つ。

つか、これでいよいよPS3が窮地に立たされたわけで・・・
PS3発表当初はドラクエ新作はPS3から!って噂されてたしね・・・南無

都庁展望室からの夜景 2006年12月08日 東京23区 トラックバック:0コメント:0

締めは都庁展望室からの東京の夜景です
都庁から1
港区方面
一番手前のビルが新宿NSビルです。奥のほうには六本木ヒルズと東京タワーも見えますね。クリックするともう少し大きめの画像が出てきます。
都庁から2
中野方面です
都庁から3
初台方面
手前のふたつのビルはパークタワーとオペラシティです。甲州街道沿いと山手通沿いには大きな建物が並んでいます。写真失敗気味だけどまあ大目に見てください。
新宿と自転車
とりあえず月曜から続いたシリーズはここまで
次は渋谷やイルミネーションが復活した表参道あたりを撮って来ようかなと。気が向いたらですがw

西新宿イルミネーション 2006年12月07日 東京23区 トラックバック:0コメント:4

西新宿に戻ってきました
LOVE

クリスマステーブル

水とツリー2

NSビル
都庁の隣にある新宿NSビル
内部は大きな吹き抜けになっています
NSビル天井
天井
あんな恐ろしい場所に渡り廊下なんか造ったのは誰だ
NSビル渡り廊下
渡り廊下
いざ・・・
NSビル下
渡り廊下から下を眺める・・・
丸いのはさっきのツリーですね
腰が引けてまともな写真が撮れませんでした

六本木ヒルズ 2006年12月06日 東京23区 トラックバック:0コメント:4

246から外苑東通りを南下すればまもなく六本木
六本木といえば昔はアマンドでしたが
今はやはり六本木ヒルズでしょう
六本木ヒルズ
六本木ヒルズの森タワー
なにかと話題に事欠かないIT業界の総本山ですな
そのたたずまいはまさに時代の最先端
六本木ヒルズ森タワー
ヒルズのシンボル・六本木ヒルズ森タワー
F6までは商業スペースになっていてオサレなレストランなどが入ってます
F52・53の美術館兼展望ロビーは有料(1500円!)なので今回は見上げるだけで我慢
ヒルズのふたり

ヒルズから見る東京タワー
テレビ朝日社屋と東京タワー
映画館もあるし色んな店もあるし六本木なので食事は困らないし
ちょっと遊ぶ分にはなかなか楽しそうなところですよ
冷たい石の上でアイスをこねる店「コールドストーンクリーマリー」
食べてみたかったけど並ぶのに気が引けたのでパス
池袋にもあるしね

神宮外苑の銀杏 2006年12月05日 東京23区 トラックバック:0コメント:3

日曜、銀杏並木を見に神宮外苑へいってきました
神宮の前にちょっと寄り道
都庁と紅葉
都庁と紅葉
背の高いビルには青空が似合います
展望室にも上ってきたのでその写真はのちほど

神宮絵画館
神宮に到着
こちらは神宮絵画館前
程なくして神宮外苑の銀杏並木通りに到着
銀杏並木1
予想はしていたけどものすごい人出
銀杏並木2
少し離れた場所から

銀杏の紅葉は今週いっぱいは楽しめそうですが
この混みようじゃゆっくり銀杏を愛でるのは難しそう
近場で済ますのが一番かと

このあと六本木ヒルズや
西新宿のクリスマスイルミネーションなんかを撮ってきたので
また明日・明後日にでもUPします
引張りってやつ
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。