スーパーマン//幸せのポートレート 2006年08月30日 映画 トラックバック:0コメント:0

何だか下半期は不作ですね。観たいと思うのが殆どない。
期待できるのはカポーティくらいかな。
お薦めあったら教えてください。
スーパーマン リターンズ
ユナイテッドシネマとしまえんにて観賞。
昔のスーパーマンのファンなら楽しめるけど、そうじゃないひとにはとっつき難いんじゃないかな。説明不足の個所も多いし。
そんなの関係無しに、とにかくすげー映像が観たいなら観て損はなし。
余談だが、スーパーマン役のブランドン・ラウス。ぴったりスーツを装着した際のもっこり具合が尋常じゃなかったらしく、CGスタッフがそれを修正するのに苦労したとかしないとか。

幸せのポートレート
日比谷シャンテ・シネにて観賞。
恋人の実家を訪れたバリバリのキャリアウーマン(サラ・ジェシカ・パーカー)だが、やることなすこと空まわりで、一家から総スカンを食らってしまう。うわー気まずい空気・・・やっちゃったよこのひと的なクスクス笑いがあちらこちらから湧いていた。笑い&ホロリのよくありがちなホームコメディではあるけど、ほのかに漂うしんみりとした空気が心地よい。これから結婚を控えた女性にぴったりの作品だと思う。終盤の展開には急いじゃった感を否めないが、あれはあれでいいのかな。
それにしてもダイアン・キートンの圧倒的存在感。彼女が出てきただけで画が締まるね。海外ドラマ「セックス・アンド・ザ・シティ」で有名になり、今回映画初主演のサラジェシカパーカーにスポットが当たっているが、個人的にはこの映画、ダイアン・キートンのひとり勝ちだと思う。
ラブ・アクチュアリーを引き合いにだして比べられているけど、確かに雰囲気は似ていると思う。ラブ・アクチュアリーにハマったひとには特に薦めたい。
もったいないのはクリスマス映画なのに、この暑苦しい真夏に上映ってこと。絶対時期間違えてるよ・・・。この映画は12月上映じゃなきゃ駄目だよ。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://naka803.blog31.fc2.com/tb.php/104-b3e77367
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)