姫路・京都の旅その2~三千院・南禅寺~ 2007年03月28日 旅行 トラックバック:0コメント:0

四年半ぶりの京都です。
前に来たときとそのままでなぜかホッとした。駅前のアトムも健在でした。
さあてどこから回るか・・・と意気込むも時間はすでに午後4時。
あと2日も残っているしということで、初日はここで切り上げた。
旅2日目
まずは大原の三千院を訪れた。
バスから降り、軒を連ねる土産屋を冷やかしながら川沿いの細い坂道を上がって行くと約10分で到着。
三千院6
午前中の三千院は観光客も少なめでゆっくり回れる。ここは夏も涼しそう。
三千院2
庭園はベルベットのような滑らかな苔に覆われている。
三千院4
休憩所ではお茶が振舞われている。(無料だが土産を薦められる。結構しつこいw)
三千院5
三千院は情緒ある素敵な場所でした。
時間も限られているので今回は三千院のみ。
大原を全部回るには丸一日が必要ですね。

三千院から戻ってくるとすでに午後が過ぎていた。
昼飯を食った後、はなから決めていた通りレンタサイクルで自転車を借りる。
決めていたとある店に到着。レンタル料300円を払い自転車を借りる。
颯爽とペダルを踏みこむが・・・どうも走らない。
タイヤの空気圧が適当過ぎる。
もどって自転車を変えてもらうか?
しかし我慢して結構な距離走ってしまったし戻るのも面倒だ。
次回は一日1000円くらいのちゃんとした自転車を借りよう・・・。
哲学の道
銀閣寺の付近から哲学の道を南へ。
ソメイヨシノはつぼみがだいぶ膨らんでいました。
南禅寺山門
哲学の道から南禅寺へ。
南禅寺の三門。
仁王立ちしてるオッサンは私じゃありません。
南禅寺三門2
「絶景かな、絶景かな」
石川五右衛門が南禅寺三門に登って言ったといわれる名台詞。
でもそれは歌舞伎の中でのお話で、実際の石川五右衛門がこの言葉を言ったかどうかは不明。
水路閣
南禅寺の境内にある水路閣。
都が東京に移った明治時代、京都復興の柱とされた琵琶湖疎水計画。
そのひとつがこの水路閣。
琵琶湖の水を京都まで引くために建てられた。
水路閣2
モダンなデザインに惚れ惚れ。
インクライン1
インクライン(傾斜鉄道)
こちらも琵琶湖疎水事業の一環として施工された。
蹴上の斜面を船ごと台車に乗せて水を運んだ。
現在は遊歩道となっているので線路の上を歩けます。
そいつは味方だ
悟飯!そいつは味方だ!!
分かる人には分かる。

この後、醍醐寺まで行ったのだが残念ながら閉門時間に間に合わず・・・口惜しや・・・。
~続く~
にほんブログ村 写真ブログ 風景写真へ
ランキングに参加しています。
ふたつのバナーをクリックして頂けると大変励みになります。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://naka803.blog31.fc2.com/tb.php/202-69206298
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)