スポンサーサイト --年--月--日 スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2005年劇場で見た映画ベスト10 2006年01月05日 映画 トラックバック:1コメント:0

計46本を劇場で鑑賞。
去年は例年に比べ3割くらい少なめだった。
もっと劇場に足を運ばないとね。

では、良かった作品を10本上げてみよう。

1.シンデレラマン(監督:ロン・ハワード 主演:ラッセル・クロウ)

2.ミリオンダラー・ベイビー(監督主演:クリント・イーストウッド)

3.スターウォーズ・エピソード3 シスの復讐(監督:ジョージ・ルーカス)

4.インファナル・アフェア3(監督:アンドリュー・ラウ 主演:アンディ・ラウ トニー・レオン)

5.ボーン・スプレマシー(監督:ポール・グリーングラス 主演:マット・デイモン)

6.ミスター・インクレディブル(監督:ブラッド・バード)

7.ALWAYS 三丁目の夕日(監督:山崎 貴 主演:堤真一 吉岡秀隆)

8.NOEL(監督:チャズ・パルミンテリ 主演:スーザン・サランドン ペネロペ・クルス)

9.イン・ハー・シューズ(監督:カーティス・ハンソン 主演:キャメロン・ディアス)

10.パッチギ!(監督 井筒和幸 主演:塩谷瞬 池尻エリカ)

見事にメジャーどころばっかりだorz
今年は邦画と単館系ケチらずちゃんと見に行きます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://naka803.blog31.fc2.com/tb.php/26-9e28e443
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

2005年度映画ベスト10

2005年に劇場・ホール・試写室で鑑賞した136本の中で、日本映画と外国映画それぞれベスト10を選んでみました。[日本映画]① 埋もれ木 最も好きな監督の一人、小栗康平の作品。”物語は痕跡の上に築かれ、イメージとして 生起する。つまり、物語のポイントは筋にあるので
  1. 2006/01/06(金) 21:19:16 |
  2. マダム・クニコの映画解体新書
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。