「秘密のかけら」「ジャーヘッド」 2006年03月12日 映画 トラックバック:0コメント:0

「秘密のかけら」
日比谷シャンテシネにて鑑賞
監督・脚本:アトム・エゴヤン
出演:ケビン・ベーコン コリン・ファース アリソン・ローマン

人気絶頂の中、女性の変死体事件に巻き込まれ解散したエンターテイメントコンビ、ラニー(ケビン)とヴィンス(コリン)。
若手ジャーナリストのカレン(アリソン)は、15年前に起こったその出来事の真相を追究すべく、少女時代の自分にとってのヒーローでもあるラニーとヴィンスに接近するが、やがて虚飾に満ちたTV業界の危険な罠に落ちてゆく・・・。

謎解きやストーリー展開に目新しさは感じないが、脚本がしっかりとしているので飽きさせない。最近はこういうしっかりと練られたつじつまの合うサスペンスってありそうで意外とないんだよな。
それにしてもカレン役のアリソンのカメレオンっぷりは素晴らしい。マッチスティックメンでは少女を演じ、今作では胸元開けっ放しの大人の強気女。同一人物とは思えない。おまけにおヌードまで頂戴しちゃってありがとうございます。


「ジャーヘッド」
ユナイテッドシネマとしまえんにて鑑賞
監督:サム・メンデス(アメリカンビューティー ロード・トゥ・パーディション)
出演:ジェイク・ギレンホール ジェイミー・フォックス クリス・クーパー

海軍に入隊した青年アンソニー・スオフォード(ギレンホール)は厳しい訓練と虐待を受け、入隊を後悔しつつも日々成長していった。その姿がサイクス曹長(ジェイミー)の目にとまり斥候狙撃兵に任命される。まもなくイラクがクウェートに侵攻開始。いよいよ待ちに待った実戦の時が来た・・・。

全体的な流れは「フルメタル・ジャケット」とかぶるものがあるが、そこまでのカタルシスを感じる事はなくどこか中途半端な印象が残った。戦争ものとして期待すると肩透かしを食らうので要注意。音楽と映像のセンスは◎
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://naka803.blog31.fc2.com/tb.php/46-8f61b1d9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)