ジロ・デ・トウキョー2(PCからご覧下さい) 2006年05月17日 東京23区 トラックバック:0コメント:0

RENTを甘く見ていたようだ・・・。
事前に確認の電話ぐらいしとけと外野から突っ込まれそうだが、私には何も聞こえない。
途方に暮れつつもこの先の行動を考える。
自転車で東京の観光名所でも巡ってみたらどうだ?ほら丁度ジロ・デ・イタリアも開催してることだし。こういう機会はありそうでなかなかないものだぞ。
よし・・・いくか!
ただ単にあのまま帰宅するのがシャクだったからなんて絶対に言わない。
颯爽と愛車にまたがると、再び井の頭通りに戻った。
井の頭通り終点
井の頭通りの終点。入り口でもある。
キャットストリート
明治通りの裏手に走る通称キャットストリートにはオサレなブティックや雑貨屋が軒を並べる。ここはもともと渋谷川という川を暗渠化したもので、妙に蛇行しているのはその名残である。
サングラス
衝動買いしたグラス。
表参道
キャットウォークの終点で表参道にぶつかる。渋滞しまくり。ひと多すぎ。
表参道ヒルズ
表参道で今いちばん有名なスポットといえば、表参道ヒルズ。緩やかな上り坂に細長い積み木を横にして置いたような造りの商業ビルだ。近代風商業長屋とでも申しませうか。
表参道ヒルズ2
表参道ヒルズ終了。今回は中に入らず。とにかく人ゴミが凄くて一秒でも早くこの場を去りたかったのだ。
表参道交差点
表参道交差点で青山通りに折れる。
青山通り
246とも呼ばれる。だんだん日が暮れてきた。
神宮外苑
神宮外苑の入り口。久しぶりに緑を見た気がしてほっとする。
豊川稲荷
赤坂御用地を過ぎると豊川稲荷。日本三大稲荷として知られ、また商売繁盛の神として有名だ。
赤坂見附
坂を下ると赤坂見附の交差点だ。この建物は赤坂プリンスホテル。
日枝神社
青山通りから外苑通りへ入るとまもなく日枝神社。6月7日~16日には江戸三大祭のひとつ、山王まつりが行われる。
霞ヶ関
日曜の夜の霞ヶ関官庁街は人気が殆どなく暗くて怖い。タクシーの走る音がやたらと響く。
皇居
向かって左側が皇居のお堀で、右側が日比谷のビル群。ぽっかりと闇に口を空けたお堀の池が少々不気味だ。
白鳥
のんびりムードの白鳥。お堀の写真にも白鳥が二羽隠れてるぞ。
銀座へ
JRのガード下をくぐると銀座。
天使
天使のかくれんぼ。
和光
銀座といえば和光。
歌舞伎座
ライトアップされた歌舞伎座。
勝鬨橋1
夜の勝どき橋はエロマンティック。思わず見とれる。
勝鬨橋2
屋形船の賑やかしい灯りや新開発のビル郡、遠くに見える飛行機の点滅など、欄干からの景色は絶品だ。
このまままっすぐ行けば有明、そしてお台場だが今日はここでUターンすることにした。和光の交差点まで戻り、新橋そして汐留へ。
汐留シティセンター1
汐留シティセンター。デザインのかっこ良さに釘付けだ。なんだかヘンな色彩になってるのはケータイカメラの性能が低いから。
汐留シティセンター2
CGみたいな写真だな。この流線型は波を表現しているのかも。夜は真っ黒だが昼間はエメラルドブルーに輝くらしい。
電通
電通のビル。青白く光るエレベーターが上下する様は、まるでホタルイカのようだ。
汐留シティセンター&電通ビル
汐留シティセンターと電通ビルを見上げる。次は昼間に来てみよう。
さて、新橋まで出てきたからには東京タワーを見ないわけには行かない。
愛宕神社のトンネル
こんな都内に山が?トンネルが?愛宕神社のトンネルを抜けると・・・。
東京タワー1
東京タワーはもうすぐだ。
東京タワー
小説になったり映画になったり、今ブームがきてるらしい。展望台の待ち時間が二時間越だとか。
柵
柵のデザインがかわいい。
東京タワー2
東京タワーは下から見上げるのが最高だ。
後ろ髪を引かれつつも東京タワーを後にし、時間も時間だし、さあ最後はどこで〆ようか。
秋葉原
皇居に戻り、内堀通りを北上して靖国通りへ。ヲタクの聖地秋葉原に到着。
交通博物館
丁度この日、交通博物館が70年の歴史に幕を下ろした。
機関車1
時間的にすでに閉館した後だったが、カメラを抱えた鉄道マニアたちが、別れを惜しむように数名その場に残っていた。
機関車2
交通博物館は鉄道博物館と名称を変更し、大宮に移転する。
機関車3
ちょっとした寂しさを感じつつ、帰路につく。
後楽園
最後の写真は旧後楽園ゆうえんち。現在は東京ドームアクアシティになったんだっけ。
すぐ傍を流れる神田川を辿って帰宅。
走行距離75キロくらいかな。
日が落ちるとまともな写真が撮れなくなるから自戒は昼間のうちに走ることにしよう。

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック URL
http://naka803.blog31.fc2.com/tb.php/63-70fea6f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)